ECOMAX

ECOMAX

ECOMAX (エコマックス)とは

全ての石油燃料(ハイオク、レギュラー、灯油、軽油、重油)に使用でき、燃料に少量を注入することで 燃料の分子を細分化し、燃焼効率を向上させます。と同時に排気ガスの排出量を減少させたり、エンジン 内部の汚れを取り除き、機械の寿命を延ばします。 

3大効果
経費削減
環境保護
高効率化

燃料の燃焼イメージ

燃料の燃焼イメージ

シミュレーション図

シミュレーション図

燃費削減実績表

車種排気量
CC
年式走行キロ

使用前 

燃費/km

使用後 

燃費/km

削減率
スバルレガシー ブライトン2000H09年69,7227.009.1030.0
トヨタアルファード HV2300H15年105,00011.6012.9011.2
スズキワゴンR660H08年77,00015.1019.5029.1
日野レンジャー(軽油)11トンH20年25,3005.505.907.2
日産バネット1500H15年137,7007.809.6023.0
ホンダスパイク1500H11年101,40012.0015.0025.0
トヨタハイエース(軽油)1800H09年1,582,00010.0013.0030.0
トヨタカローラ1500H15年164,00016.5018.9014.5
日野高速路線バス(軽油)14.775トンH11年754,2002.973.3512.8
スズキラパン660H17年データなし14.0017.0021.4
スズキワゴンR660H23年7,65818.1020.2011.6
ワーゲンゴルフデータなしH04年データなし9.0010.1012.0
ホンダステップワゴン1997H20年データなし10.0012.2016.0
日産ティーダ1498H22年データなし15.2019.7019.7

本製品の効果は、お車の状態や使用環境等により異なります。上記の効果は社内計測データ及びモニター報告によるものです。従いまして、全てのお客様や車種の効果を保証するものではありません。

エコマックス注入方法

(1) 出来る限り燃料が少なくなった状態から満タンに給油して、ECOMAXを指定された容量で注入してください。

(2) 注入後は燃料キャップの閉め忘れにご注意ください。

※注意事項  

 ・燃料注入口付近に火の気(タバコ等)が無いことを必ず確認して行ってください。  

 ・ECOMAXのキャップ及び本体容器を給油口内に落下させないよう注意してください。

エコマックス注入後の運転注意事項

(1) ECOMAX注入後はエンジンパワーが向上しますので、アクセルの踏み込みを抑えて安全運転を心がけてください。 

(2) エアコンの使用状況によって燃費に違いが出ますので、ECOMAX注入前と同じ状況で燃費比較されるようお願いします。 

(3) 自動車に搭載されている燃費消費メータでは誤差が生じる場合がございますので、満タンの状態でECOMAXを注入後、次回補給時の容量と走行距離にて燃費を計測していただければ正確な燃費向上値が算出できます。


お問合せ
資料請求・お問合せ

お気軽にお問合せください

製造元 日本テクノ株式会社

〒394-0004 長野県岡谷市神明町4-20-2

Tel:0266-23-9000