自動車の燃費を悪くするスラッジについて

好きな時に好きな場所へ足を運ぶことが出来る自動車ですが、乗り続けていると燃費が気になってくるものです。自動車の燃費が悪くなる原因は様々ありますが、エンジンの内部にスラッジが発生している場合も燃費が悪くなります。

こちらでは、自動車の燃費を悪くするスラッジについてご紹介します。

スラッジとは?

スラッジは、エンジンの内部に溜まった埃などの頑固な汚れのことを指します。スラッジは、自動車の発進・停止を繰り返す際に発生する熱や、エンジンオイルが劣化することによって、エンジンの内部に蓄積する特徴があります。簡単に落とすことが出来ないスラッジがエンジン内部に蓄積していると、エンジン内部に負担がかかり、燃費が悪くなってしまうケースがあります。

このような状態で運転を続けてしまうと、燃費が悪くなるだけでなく、エンジンそのものが使えなくなってしまう危険性も高くなります。
スラッジを除去しなかったために、燃費が悪くなる、エンジンが故障してしまうという事態を避けるためにも、普段から綺麗な状態を維持しておくことが大切です。

定期的なメンテナンスでスラッジを防止

スラッジの発生を防ぐためには、定期的にオイル交換を行う事がポイントとなります。オイルは車の血液と言われるほど、大きな役割を果たしています。エンジンをスムーズに動かしたり、汚れを落として綺麗に保つなどの役割があるので、オイルは次第に汚れていきます。

汚れたオイルを放置することで燃費が悪くなったり、故障に繋がる危険性が高くなります。走行5,000kmごと、または3~6ヶ月ごとのオイル交換をおすすめします。
燃費を維持し、長く愛車に乗り続けるためにも、定期的なオイル交換などのメンテナンスはしっかり行いましょう。

燃費効率を上げたい方は、日本テクノが取り扱っている燃費とく・トク君2やエコマックスをご利用ください。燃費とく・トク君2は強力な磁石の力を使って、エコマックスは燃料に少量添加することで燃料の燃焼をサポートすることが出来ます。ガソリン車をはじめ、ディーゼル車、ハイブリッド車に使用することが出来るため、普段から自動車を利用される方におすすめです。簡単に取り組める燃費削減法をお探しの方は、日本テクノをご利用ください。

資料請求・お問合せ

お気軽にお問合せください

製造元 日本テクノ株式会社

〒394-0004 長野県岡谷市神明町4-20-2

Tel:0266-23-9000