ボイラーの燃費を抑えるために

工場・温泉ホテル・農家などでコストがかかる設備のひとつが、ボイラーです。ボイラーを効率よく燃焼させることで、事業のコスト削減につながります。ボイラーに関する基礎知識と、ボイラー燃費削減のポイントをご紹介します。

ボイラーの基礎知識

  • 火気、高温ガスまたは電気を熱源とするもの。
  • 水または熱媒を加熱して蒸気または温水を作る装置であること。
  • 水蒸気または温水を他に供給する装置であること。

これら3つの条件に当てはまるものが、ボイラーです。労働安全衛生法では、熱伝面積や圧力などの違いでボイラー・小型ボイラー・簡易ボイラーの3つに分類されています。規模の大きなボイラーは主に産業用として、小型ボイラーや簡易ボイラーは家庭でも活用されています。ボイラーを取り扱うためには、ボイラー技士の免許が必要です。小型ボイラーは講習を受ければ取り扱うことが出来、簡易ボイラーに関しては免許や講習を受ける規定はありません。

ボイラー燃費削減のポイント

規模ではなく構造で分類すると、丸ボイラー・水管ボイラー・鋳鉄ボイラーの3つに分けられます。温水を作る加温ボイラーは温泉宿や家庭、農家のハウスボイラーに使用されています。蒸気を作るボイラーは蒸気機関車に搭載されたり、工場に設置されています。それぞれの種類に適した運用やメンテナンスが必要となりますが、特に温泉や工場、農家などで活用されているボイラーに関しては、燃費を良くするための取り組みも重要です。ボイラーの燃費をアップさせることで、燃料コストの削減を目指せます。

ボイラー燃費アップには、完全燃焼・適正な空気量・燃焼効率がポイントとなります。初期コストやランニングコストを抑えられること、耐久性に優れてメンテナンスにも手間がかからない対策を選ぶことが大切です。

日本テクノでは、ボイラーの燃料補助装置「ボイラーアップマン」を販売しています。ランニングコストやメンテナンスなしで、ボイラー燃費削減ボイラー燃費向上ボイラー燃費改善が実現します。その他、赤水やスケール対策としておすすめの水処理装置「モールドウォーター」や、石油燃料の燃費向上と排気ガス排出を減少させる「ECOMAX」、船舶専用燃料補助装置の「燃費削減丸」、全ての車両に取り付けられる自動車燃料補助装置「燃費とく・トク君2」を販売しております。工場や温泉宿の経営者様、船舶を所有している方や農家の方は日本テクノの製品をご活用ください。

資料請求・お問合せ

お気軽にお問合せください

製造元 日本テクノ株式会社

〒394-0004 長野県岡谷市神明町4-20-2

Tel:0266-23-9000